TECHNIQUE

高度な技術力と蓄積されたノウハウを駆使し
         独自の生産システムを開発することにより
                  オリジナリティ溢れる製品づくりを目指しています。

 常にオリジナリティを追及した製品づくりを目指す我社では、日々の研究開発

の中から多くの自社製品を生み出しています。

その代表的なもののひとつが、雑菌・汚れ・においを分解するという特性を持っ

た業界初の光抗菌ピアス(特許出願中)です。

また、ピアスをはじめ、我社のチタン製品に施されるカラーリングは、

すべてコンピュータで管理されているので、100%の再現性を持っています。

その他、エッチングやマスキングなど、さまざまな独自の加工技術も開発しています。


 このように商品と技術開発を手掛けると同時に、生産システムの開発にも意欲的に

取り組んでいます。

我社の製品はすべてオリジナルのため、設備の大半は既成品に頼らず自社内で自ら作製

しています。

それにより生産性と品質の向上が図られ、よりよい製品づくりへと結びついています。

 
 
 
「スクリーンプロセス」

シルクスクリーンにより平面・曲面に印刷を行います。 立体物はもちろんのこと、突起がある製品なども独自の方法で対応しています。

「メッキプロセス」

 金・銀の電気メッキ工程です。
※現在弊社では、メッキの技術ベースは保有しておりますがメッキによる表面処理業務は行っておりません。

「マスキングプロセス」

 耐薬品性の高いマスキング剤をブレンドすることで、高度な表面処理が可能になりました。 チタンアートの多色発色や、チタン性モニュメントの色分けなど複合技術のベースとなっています。

「カラーリングプロセス」

 チタンの表面に透明な酸化膜(TiO2)を生成させることにより、光の中から虹の色を取り出します。 目的の色は膜厚をコントロールして再現します。 この皮膜は光抗菌作用があります。

「エッチングプロセス」

 腐食が最も難しいといわれるチタンのエッチングを実現したことで、チタンに夢と可能性をもたらしました。 フルエッチング・ハーフエッチング・カラーリングなど複合処理は自由自在です。

「複合技術」

 各プロセスの技術を組み合わせることによって、さらに新しい価値をそこから生み出しています。 この複合技術から、数々のオリジナル製品を生産しています。

「研究開発」

 さらなる技術の向上を目指すため、研究開発にも力を注いでいます。 100%の再現製を誇るカラーリングも、この走査型電子顕微鏡を使い独自のデータを蓄積して実現したものです。